こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

年末恒例、フルカスタマイズのカレンダーの納品が大詰め

早いもので今年もあと1ヶ月を切りました。
年末というと、カレンダー、手帳などについて、来年はどうしようかと考えたりしますよね。
企業のロゴ入りのカレンダーや手帳が配られるのもこの季節ならではです。

Novelty Cafeでは、カレンダーのデザインや印刷も行なっています。
既成のカレンダーに企業ロゴを箔押しするパターンから完全オリジナルデザインのものまで多様なタイプを作成しています。

演劇関係の女優さんの写真入りカレンダー

舞台女優さんのオリジナルカレンダーは、月ごとのお写真を送っていただき、デザインをするというオーダーでした。
お客様からは写真の指定のみで、細かい指示はゼロ。
自由にデザインしてくださいということで、いくつかポイントを抑えながら進めて行きました。

まず、お写真の雰囲気から背景や月ごとの色合いを決めていくこと。
お写真を何よりも引き立たせるのが目的なので、写真をじっくり観察、何が会うかを徹底的に考えます。
舞台の写真とオフの写真がありましたが、舞台についてはどういった舞台なのか、衣装や時代背景、ストーリーからかけ離れないように注意しました。

ちなみにこちらのカレンダーはCDケースに入れた使う卓上タイプ。
正方形で小ぶりなサイズです。
いただいたお写真と日付を正方形にレイアウト。
隙間の空間が寂しくならないように、キラキラを入れるなど工夫しました。

お客様チェックでデザインのやり取りをし、印刷。
ご希望のデザインに近かったようで、ほぼ直しがなく気に入っていただ得ました。

CDケースサイズで小ぶりでかわいらしい仕上がりになりました。

早速ファンミーティングで配布したというご報告をいただき、ファンの方が喜ぶ姿が目に浮かびました。

卓上カレンダーの台紙や紙質にもこだわったオリジナルカレンダー

次にご紹介するのは、全てにこだわって作り上げたオリジナリティの高いカレンダーです。

デザインは、日付部分が大きく裏表にレイアウトされたシンプルなもの。
そこに月ごとのモチーフと企業ロゴを合わせて入れました。
モチーフは季節感のあるかわいらしい雰囲気をご希望だったので、ひな祭りのお雛様やハロウィンのかぼちゃなど季節感を感じられるモチーフにしました。

もっとも苦労したのが台紙の色。

こちらのカレンダーは卓上のリングタイプ。
企業が配布するカレンダーとして一般的な形状です。

通常、このタイプのカレンダー台紙は黒がほとんど。
今回はその部分に色をつけたいというご希望でした。
しかも、外側だけでなく内側まで全て企業様のコーポレートカラーにしたいということ。
台紙への文字入れはよくありますが、色や紙質もオリジナルにするのは弊社としても初めて!
これが想像以上に大変でした。

特色の紙で台紙を作るパターンと白の台紙に印刷で色を出すパターンの2パターンで検討。
いつもお世話になっている印刷会社さん数社にお願いして見積もりをとってみましたが、これがべらぼうに高い!!
全く現実的ではない価格に、途方にくれてしまいました。

最終的には薄めの紙に印刷して厚紙に貼り合わせるという強硬手段をとることに。
強度や剥がれてこないのか、貼り合わせで見た目は綺麗なのかなど、懸念があったためまずは台紙部分のみ試作をしてもらいました。

仕上がった台紙を持ってお客様と打ち合わせ。
見た目、色味ともにOKをいただき本生産に進めることができました。

こちらは現在鋭意印刷中。

イレギュラーな依頼に柔軟に対応し、色々とやりとりをしながら進めてくれた印刷会社に大感謝です。

難しくてどこも引き受けてくれないお仕事こそやってみたい

Novelty Cafeでは、簡単には実現できないお客様にご要望にできる限り対応します。
もともとショップのコンセプトが、こだわって商品を作り上げたいお客様とカフェでお茶を飲みながら相談するような気軽な気持ちで、打ち合わせしながらものづくりをしたいというもの。
一度は業者に断られた案件もぜひお問い合わせください。

お問い合わせ