こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ
136

特急で名入れグッズを作りたい方に。年末の納品もまだ間に合います!

2017年12月16日

年末年始にも多い、特急製作のご依頼

 

2017年もあと2週間!
ちょっとびっくりですが、なんとなく街を歩いていても年末の慌ただしい雰囲気が出てきたように感じます。

年末年始にノベルティやオリジナルグッズを作りたい人なんていないだろうから、暇なのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことないんです。

確かに、数千〜数万個単位の制作物、完全オリジナルで設計からする商品などは、時間をかけて企画する場合が多いです。

しかし、グッズやノベルティを作りたい時にそんな大ロットばかりではありません。
数十個、数百個でのグッズ製作の場合は急に必要になることもあります。
急にイベントをやることになり、お土産が必要。
予定していたグッズがなんらかの都合で作れなくなり、至急代替案が必要になった。
こんな理由で、特急で作成したい!というお声をよく頂戴します。

これは年末年始でも関係ありません。
むしろ、年末年始は歳末セールや初売りなど、小売の現場は賑やかになる季節。
急な追加セールで粗品が必要になったり、年始に新たな企画で売上アップを狙うなど、年末年始関係なく販促策を模索しています。

 

今からご注文いただいても、まだまだ年内納品が間に合います

そんなこんなで年末でも年始でもノベルティの需要はあるのですが、すでに今からの注文では年始の納品という業者も多いのです。

一般的にノベルティやグッズの納期は早くて2週間程度。
あと2週間で年末なのですから、納品が年始になるのは当然かもしれません。
ただ、年始といっても1月の10日頃にならないと本格的に始動しないという会社も多いです。
これでは、年始すぐに使いたい場合には厳しいですね。

Novelty Cafeでは、今からご注文いただいても、年内納品には余裕があります。
急ぎ、景品が必要・グッズが必要!という方、ぜひお問い合わせください。

 

特急印刷が可能な理由、そしてどのくらい特急が可能か

特急特急といっても、ではどのくらい早いのか?

品物によっても違いますが、3日〜1週間程度が最短になるかと思います。
3日は本当にギリギリのスケジュールで進行する場合なので、完全データの入稿をお願いすることや、ラッピングのご要望はお受けできないなどの条件はあります。

では、どうして特急対応ができるのでしょうか。

そもそも、全ての商品が特急でできるわけではありません。
特急に対応できるアイテムは、シルク印刷で名入れをするものと、箔印刷するものの2パターン。
印刷方法を固定し、その中でご希望の商品に近いものをご提案する形になります。

シルク印刷と箔印刷について、なぜ早いかというと自社、もしくは信頼の置ける職人さんに直接依頼して印刷をするからです。
小回りのきく体制でやっているからこそ、短納期が実現できています。

 

短納期だけでなく、小ロットなど、ご希望をなんでもお伝えください

短納期だけではありません。
ロットや細かい印刷色の指定など、ご希望に応じて対応いたします。
ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事