こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ
208

グッズ制作でアイテム選びに悩んだらやってみたいこと

2017年3月22日

グッズ・ノベルティ・記念品制作で一番悩むのはアイテム選びかもしれません

オリジナルアイテムをつくるときに、まず初めにしなければならないのがアイテム選定です。
何をつくるか、何に名前をいれるかを考えないと進みません。

でもこれ、すごく悩ましいんですよね。
とくに頻繁にグッズをつくる方からはよくご相談を頂戴します。

Novelty Cafe(ノベルティカフェ)ではアイテムを決めなくてもご注文いただけます。
ざっくりと「500円で春らしいグッズを100個」というようにお問い合わせいただければ、それに合わせて何点か商品をご提案させていただきます。
ご注文方法については、こちらの記事に詳しく書きました。

グッズづくりでお困りの方に・・・Novelty Cafeのつかい方

とはいえ、もう少し狭い範囲でイメージをもってお問い合わせに進みたいという方も多いでしょう。
会社やファンクラブ、スポーツチームなどグッズをつくる団体で、何をつくるか提案して予算をもらわないと進めないということもあると思います。
そこで今回は、グッズ制作をする際のアイテム選びのヒントをご紹介します。

 

まずはターゲットを明確にすること

グッズを作ろうと思ったら、まずターゲットを明確にしましょう。
当たり前のことなのですが、企業の商品開発なら当然のことでも、グッズ制作となるとここがすっぽり抜けているケースも多いのです。

「50代、女性、専業主婦、手芸が趣味」と「20代、男性、会社員、バイクが趣味」では、欲しいと思うアイテムは全く違うものになります。

もちろん、老若男女があつまる、趣味も多様でそんなにわかりやすく決められないという場合もあると思います。企業の周年記念品を決める場合など、幅広い方に喜ばれるアイテムを選ばないといけないですね。

ただ、その場合も大きなくくりで何か決めることをお勧めします。
例えば「ベンチャー企業で人種も多様。若くて勢いがあり、自由な空気」というのと、「金融関係の大手企業。クリーンで信頼感の高いイメージ」というのでも違います。
会社の理念やロゴマークの雰囲気をみてみるのも良いでしょう。

 

次に、季節や使用シーンをイメージしてみる

次に季節や使用シーンにあわせて選んでみましょう。
季節については気を付けなければならないのが、選んでいるときの季節ではなく、実際に販売したり配ったりする時期を考えること。

また、使用シーンは街なのか、アウトドアなのか。
オフィスなのか、家庭でなのか。

この二つを考えるには、カレンダーをみながら行事などを思い浮かべるとやりやすいです。

「冬:クリスマス、パーティーシーン」とか「春:新入学・入社、学校・オフィス」などのキーワードが浮かんできます。

 

カテゴリーを定める

誰がどこで使うのかがなんとなく決まってきました。
次はカテゴリーを決めましょう。

文房具なのか、キッチン用品なのか、バッグやポーチなのか・・・

と言われてもなかなか難しいですよね。

そこでおすすめなのが、

「自分のバッグの中や、デスク周りをチェックしてみる」こと。

バッグの中を覗いてみましょう。
たとえば私のバッグの中にあるもの。
「パソコン、財布、定期入れ、名刺入れ、ノート、ボールペン、携帯の簡易充電器、化粧ポーチ、ハンカチ」

では、この中でもらったらうれしいものはどれか?
名入れ品をもらって使うものはどれか?
考えてみてください。

ファンクラブのグッズと、会社のロゴ入りの記念品ではそこも変わってきます。
ファンクラブ系であれば、身の回りのものに名前が入っているのは嬉しいかもしれませんが、会社の名前だとどうでしょうか?
お財布など、こだわってブランド品を買うようなアイテムだと代わりに使ってくるハードルは高いと思われます。
ハンカチであれば、複数枚もっているものですから、社名のロゴがさりげなく入っていても使われる可能性が高くなります。

バッグの中意外にも、デスク周りだったり、お家の洗面所、キッチンだったり。
ひとつひとつ思い出してみると、良いアイテムが浮かぶことがあります!

そのアイテムを、先ほどのターゲットや季節の情報と掛け合わせてアイテムを絞っていきます。

 

いかがでしたか?
今回は、グッズのアイテム選びについてご紹介しました。
なんとなーく考えて良いアイディアが浮かぶ場合もありますが、もし悩んでしまったらぜひお試しください。
そして、ある程度絞ったらそれをNovelty Cafeまでおしらせください。
そのあとの具体的なアイテム選びをとことんお手伝いさせていただきます!!

 

 

お問い合わせ

関連記事