こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

本気のものづくりは手間と時間がかかる[Staffコラム2017.12.27]

Novelty Cafe のイケダです。
今までの記事にあるような制作物の実績やオススメ商品のご紹介とは少し趣向を変えて、日々のお仕事に関しての想いを書いてみようと思います。

写真は中身とはあまり関係ないのですが、趣味のカメラで撮影したものを載せました。
11月に訪問したパリ、セーヌ川の写真です。

 

本気で良いものを作りたい場合は、時間や手間を惜しまない

ーVIP向けオリジナルカードの準備ー

2017年も残りわずか。現在は、2018年に製作予定の製品の準備に明け暮れる日々です。
昨日はクライアントさんからご依頼いただいている、VIP向けカードの打ち合わせに金属加工の工場に足を運びました。

この工場との打ち合わせは2度目。
1度目はどんな加工ができるかお話を伺い、サンプルをお借りしました。
それを元にクライアントさんと打ち合わせをして、さらに詰めた内容を確認するべく再訪。

この打ち合わせ、電話やメールでもできないことではありません。
ただ、個人的には必要があれば何度でも製作の現場に足を運び、実際に製作する方とコンタクトを取っておくのは大切なことだという想いがあります。

細かいニュアンスがメールと顔を見ながらの会話では変わってくるのももちろん、一番違うのは、こちらの熱量の伝わり方ではないでしょうか。
本気で良いものを作りたい場合は、時間や手間を惜しんではいけない、そう思っています。

とは言っても、無駄に相手の時間を奪うのは愚の骨頂。
確認したいことはあらかじめまとめておいて、短時間の滞在で済むようにします。

今回も実際に打ち合わせをしていた時間は15分弱。
それでも、非常に実りのある時間になりました。

 

難しい状況にはかえって燃えます

ー企業様の新年パーティー用、名入れグッズ製作ー

新年早々に予定されている、とある企業様のパーティー。
そこで使用する名入れグッズをいくつかご注文いただきました。

お話をいただいてから納品までが非常にタイト!
しかも、年末年始!

こういう難しい状況って、かえって燃えます(笑)

今回も、希望していた商品が在庫切れで数が揃わない。
素材が特殊でうまく印刷が乗るかわからない。
印刷用のデータが、解像度の低いものしかない。
などなど・・・いろいろなトラブルに見舞われながらもなんとか昨日今日で目処が立ちました。

こちらの企業様は以前より何度かご注文くださっている常連様。
担当者の方との信頼関係もあるため、スムーズにいく場面も多いですが、逆にその信頼を絶対に裏切りたくない!というプレッシャーもあります。

納期までにきちんとした品物を収め、お客様に喜んでいただけるよう、年末も気を抜かずに駆け抜けます。

お問い合わせ