こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ
236

ダイニングカフェの周年記念品としてマグカップを作成

2017年11月13日

浅草橋にあるダイニングカフェの5周年記念品

こちらでも何度かご紹介ししているお気に入りのダイニングカフェ
uchinomi-dining SOさん。
最近ではこちらの記事でもご紹介しました。
https://noveltycafe.tokyo/denim-mini-bag/
マスターによる絶品創作料理が、お手頃価格で楽しめるおススメのお店です。
お店が5周年を迎えるということで、記念パーティーでお客さんに配る5周年グッズのご注文をいただきました。
どんなグッズが良いか打ち合わせをした結果、マグカップを作ることになりました。
マグカップの良いところは、フルカラーで綺麗に印刷ができるところ。
今回は、お店に飾ってあるマスターの似顔絵をアレンジしてプリントすることになりました。

5周年を意識したデザインを作成

印刷したマグカップがこちら。
マスターがフライパンでカラフルな「5」を炒めているイラストです。
もともと、マスターの似顔絵の可愛いイラストがお店に飾ってあるのですが、打ち合わせで話しているうちに、このイラストを5周年仕様にアレンジしてプリントするアイディアが浮かび、大盛り上がりして決定しました。
元のデザイン部分を黒にし、5を炒めている部分をカラーにして際立たせることになりました。
打ち合わせ時のイメージをもとにデザインしてご提案。そこからマスターがここだわって数字のレイアウトを調整し、完成しました。

印刷は発色のきれいな昇華転写で

マグカップの印刷は昇華転写でおこないます。
昇華転写の良い点は以下の3点。
1.まず、フルカラーで印刷ができること。イラストや写真なども自由にプリントできます。曲面でも広範囲にプリントできるのも魅力。
2.小ロットでの作成が可能。シルク印刷などと違い版が必要ないので、少ない数での印刷も手軽にすることができます。
3.印刷が落ちにくい。
これが一番の魅力なのではないかと思います。
一般的な印刷では印刷物の表面にインクを載せるため、時間とともに擦れて落ちてしまいます。昇華転写ではインクが内側に染み込むので落ちません。
マグカップは食洗機にかけたり、つけ置き洗いをすることもあるので、とにかく落ちにくいのは大事ですね。

5周年パーティーにお邪魔しました

5周年のパーティーに私もお邪魔しました。
お店の常連さんを中心にたくさんのお客様が集まって楽しい時間をすごしました。
そこで、皆様にこのマグカップが記念品として配布されていました。
「かわいい!」という声が聞かれ、写真を撮る姿を見ることができて幸せでした。
ノベルティは、ご注文いただいたお客様が最終どのように商品をお使いになり、受け取った方がどういう反応をしたのかがなかなかわからないので、たまにこういう機会をいただけるとなんともいえず感動します。

記念品の企画からデザイン、制作まで、トータルでご提案いたします

今回のような記念品やオリジナルグッズについて、ターゲットに合わせた商品選び、お客様の想いを形にするデザイン、そして制作までトータルでご提案させていただきます。

50個や100個というロットでもご注文いただけますのでお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

関連記事