こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

何も決まっていなくても大丈夫!ノベルティをつくる時、みんなどんな問い合わせをしているの?

カフェで、ゆったりとした気持ちでメニューを選ぶように。
ノベルティカフェは、お客さまの「つくりたい!」に寄り添いながら、安心してノベルティやオリジナルグッズをつくれる場所を目指しています。

私たちのWEBサイトに決まった商品が並んでいないのは、そのためです。
ノベルティやオリジナルグッズをつくるためのサイトでは、商品がカテゴリー別に載っていて、そこから選び、個数を決めて、と進んでいくのが一般的。しかし、ノベルティカフェには、ご希望やお悩みを自由に書いていただくお問い合わせフォームがあるだけ。

でも、「自由に書いてください」と言われても、何を書いていいか分からない場合もありますよね。こちらの記事では、ノベルティカフェではどんな風にお問合せにお答えをし、実際にグッズがつくられていくのか、事例をもとにご紹介していきます。

ノベルティやオリジナルグッズ制作に悩んできたからこそ生まれた「ノベルティカフェ」

まずは、一般的なノベルティやオリジナルグッズの制作の流れについて確認してみましょう。

①何を、何個、いつまでにつくるか考える
②業者を選定する
④デザイン作成、入稿
⑤制作

考えること、決めること。そして、技術が必要そうなことまで、色々と並んでいます。
グッズ制作に慣れている人であれば良いのですが、初めてつくる人は分からないことだらけですよね。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 70bf50a106beab983f9b6e72c6c24ee7.jpg です

「予算は決まっているけれど、アイテムが決まらない」
「つくりたいアイテムは決まっているけれど、どうやってつくったらいいのかわからない」
「ロットの関係で、その数ではつくれないと言われてしまった」
「ロゴやオリジナルのイラストを印刷したいが、入稿データのつくり方がわからない」

実はこれらのお悩み、この記事を書いている私自身がお客さまの立場でグッズをつくっていた時に、何度もぶち当たった壁なのです。

もらって困るようなグッズはつくりたくない!でも、完全オリジナルのグッズ品をつくる予算はない。ネットを検索し、問い合わせたり見積もりを取ったり…。
やっと業者さんが決まったと思ったら、今度はデータ入稿の仕方がわからない!

知り合いに聞いたりしながら必死でやってみても、不備があって業者さんに修正をお願いされる…。こうして書いていても、なかなか大変だったなぁと思います。
そんな私の経験から生まれたのが、このノベルティカフェでした。

カフェでおしゃべりをするように、ノベルティやオリジナルグッズについての想いをお話しながらカタチにしていく。そしてオリジナリティの表現を実現する、そんなコンセプトの会社です。

こんなお問合せには、こう対応しています!事例で見るノベルティカフェでできること

それでは、早速、実際のお問合せ例に沿って、ノベルティカフェではどんな風に制作が進むのか見ていきましょう。

Order1:「アイテムはなんでもいい。100個で単価500円以内でつくれるもの」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 0b721fa820d3befbf736b70bbffbaf88.jpg です

このようなお問い合わせが寄せられることは、実は結構あります。企業さまが記念にお配りするなどの場合は、こういった「予算ありき」「個数ありき」のケースが意外と多いのかもしれません。

この場合は、個数と予算が固まっているので、どのようなシーンで必要なものをかを伺いながら、つくるものをご提案することになるでしょう。

また、「和のアイテムが希望」など条件がプラスされている場合もあります。もちろん、ご要望に合ったアイテムをセレクトしてご提案しています。

つくりたいものが決まっていなくても、まったく問題ありません。お話をお伺いしながら、使うシーン、配られるシーンを想定して、ピッタリのアイテムをお探しします。

Order2:「ポーチがつくりたい!個数は50個」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 66ea22dfc46908291165d386fd3917cf.jpeg です

こちらのお問い合わせは、「つくりたいもの」と「個数」が決まっているケースです。ここの場合、ご予算を伺って、条件に合うポーチを何点かご提案します。

50個ですと完全オリジナルでの制作は難しいので、既製品に名入れをするなど、お客さまのご要望を伺いながら進めていきます。

Order3:「完全オリジナルグッズを、一つ3,000円でつくりたい」

こちらも、実際にいただいたご相談です。
例えば、一つ当たりのご予算が3,000円だとしたら、個数にもよりますが、完全オリジナルでグッズをつくることができます!
ご予算が確保できる場合には、こだわりを詰め込んで制作できるため、フルオーダーで一からつくり上げるグッズをおすすめします

こちらは、以前制作した本革でつくったキーケース。本革製なので、使い込むほどにやわらかく手になじみ、風合いがでてきます。完全オリジナルとなると、決めなければならないことがたくさん。もちろん、しっかり打ち合わせをしながら、一つ一つサポートします!

Order4:「この写真を使用してグッズをつくりたい。予算は500円」

今度は、デザインが決まっている場合のご相談です。例えばこのお問い合わせのようにお写真を使う場合は、フルカラー印刷に適したアイテムのご紹介をさせていただきます。

お写真をそのまま使うのか、ロゴも入れるのかなど、ご相談しながら決めていきます。
画像の加工やデザインについても、専門のスタッフがおりますので、承ることができるのがノベルティカフェの特徴です。


実際によくあるお問い合わせの中から、4つのケースをご紹介しました。
メールでのやり取りで完結する場合もありますが、対面やオンラインでのお打ち合わせももちろん対応しています。

グッズ制作に必要なことが、すべて決まっていなくても問題ありません。もし、ご予算、個数、納期など、どれか一つでも決まっていることがありましたら、お伝えください。

私たちが何よりもまずお伺いしたいなと思っているのは、「なぜグッズをつくろうと思われたのか」です。お客さまに合ったご提案をするためにも、ぜひ、想いをお聞かせください。

オリジナルアイテムをつくりたいけれども、どうしていいか分からない。そんなときは、お気軽にお問い合わせください。
一緒に、カタチにしていきましょう!

お問い合わせ