こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

【ノベルティ担当チームをご紹介】チームだからできる、お客様に合わせたきめ細やかな対応をしていきます

こんにちは。
鹿児島でライターをしている、上村ゆいです。
Novelty Cafeの記事を2月から書いています。

ノベルティをお渡ししたことはあったけれど、ノベルティを制作する側に携わったことはありません。
約3ヶ月間ノベルティ制作の裏側を見て、何かをつくることは決して一人ではできることではないと知りました。

一人では出来ないからこそ、役割分担が担えるチームが必要。
今回はNovelty Cafeを支える、「ノベルティチーム」をご紹介します。
こちらのメンバーで、Novelty Cafeをますますパワーアップさせていきます!

ノベルティを制作する大まかな流れをご紹介します。

①お問い合わせをいただく
②商品・個数・納期などについてやりとり
③お見積もり
④名入れデータやデザインなど、イメージのやりとり
⑤制作
⑥納品

お客さまとやりとりをしながら、アイテムやデザインを決定、その上で最適な製造方法や工場を選定します。

Novelty Cafeは、サイト内に商品を載せてカートに入れて購入をしていただくというような方法をとっていません。お客さまにじっくりと向き合い、やりとりをしながら、つくりたいノベルティを制作しています、そのため、オリジナリティを求めている方のお問合せが多めです。

お客さま一人ひとりの想いに寄り添っていくためにも、一つ一つの工程を丁寧にこなしていきたい…! Novelty Cafeでは、チームでノベルティ制作を協力にサポートしております。

ノベルティチームメンバー紹介

Novelty Cafeを運営しております、ラブソルの池田です。
都内在住。ずっと一人暮らしでしたが、最近、豆柴との一人と一匹生活になっています。
趣味は宝塚歌劇を観ること。新たに、ワンコとカフェに行くという楽しみができました。

化粧品メーカーで、営業と商品開発を担当したのち、ラブソルを創業。ノベルティ部門をメインに担当をしています。
強いこだわりを持ったお客様から、じっくりお話を伺いながらものづくりをするのが大好きです。
また、印刷や縫製の美しさにもこだわりたく、加工工場や職人さんと連携を取りながら、制作をしていきます。

Novelty Cafeの運営会社である株式会社LA BOUSSOLEの代表をしております、柴山由香です。
高校生の息子と夫の3人暮らしで、宝塚歌劇と旅が好き。本もたくさん読みます。
曜日と日付が苦手で、よくよく間違えるので注意が必要です。

某エンタメ系業界で私設のファンクラブスタッフをしていたとき、グッズづくりにとっても苦労しました。
そんなにたくさん数つくれないし、だからと言ってありきたりなものはつくりたくない…。
そのころの思いを胸に、Novelty Cafeをつくりました。
せっかくつくるのだから、つくる人も受け取る人も嬉しい、そんなものづくりがしたいと願っています。

Novelty Cafeの運営をしております、野元 萌乃佳です。
運営会社である株式会社LA BOUSSOLEでは、情報をテキストやビジュアルでまとめる「ビジュアルレポート」の制作や、デザイン、記事制作も担当しています。
趣味は料理と旅行、ピアノを弾くこと。
宝塚鑑賞にハマっています。フルーツのカッティング、盛り付けが得意です!

小さいころから工場見学や、ものづくりの過程を見るのが好きでした。
アイデアや構想から、ものがつくられ、実際に出来上がるというのは何度経験してもワクワクします!
お客さまの「こんなものをつくりたい」という気持ちを何より大切に、愛せるものづくりを一緒にできたら嬉しいです。

Novelty Cafeの運営会社である株式会社LA BOUSSOLEでデザインや動画編集を担当しています、堀です。
最近は、ゴルフに凝っていて、日々練習に励んでいます。
料理も好きで、実家は新潟でラーメン屋を営んでいます。

新たにノベルティ部門にジョインすることになりました!
お客様からいただく依頼内容は、どれもこだわりに満ちているものだと感じています。せっかくつくるノベルティだからこそ、こだわりをしっかりと形にして、満足していただきたい。
そのために、自分ができることに精一杯励んでいきます。

鹿児島でヨガインストラクターとライターをしております、上村ゆいです。
Novelty Cafeの記事を書いています。
日本の「和」の文化が大好きで、古民家暮らしをしています。
趣味は、陶芸です。

Novelty Cafeの記事を書いたり、ノベルティの工場選定のお手伝いなどと、どちらかというと裏方に徹します。
4年半、美容部員として化粧品販売をしていました。ノベルティをお渡しする側でしたが、巡り巡ってノベルティを制作する側に携わっています。
美容部員時代の経験を活かし、お客さまの想いに寄り添ったノベルティをお届けできるように尽力を尽くしていきます。


チームとは不思議なもので、自然と得意なことが分散されるんですよね。

全ての過程には、「表側」と「裏側」があります。

お客さまとのやりとりという「表側」の役割が得意な人もいれば、サポートをする「裏側」の役割が得意な人もいます。

どちらかというと、わたしはサポートという役割が得意です。

ミーティングを通して、それぞれのやりたいことを話していき、バランスよく役割分担ができました。

一人でやったほうがラクなこともあります。

でも、チームで役割分担をしたほうが、いろいろな意味でも助け合えるので、より良いものをつくることができます。

お客さまの「叶えたい」を実現していきたいという想いを持ったメンバーです。

ノベルティやオリジナルグッズ制作でお困りのことがありましたら、是非わたし達を頼ってください。

お問合せお待ちしております。

お問い合わせ