こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

キャップにロゴ刺繍、ラーメン店のオリジナル帽子を制作しました:家系ラーメン箕輪家様

今は店舗を持たなくても、ネットを通してオリジナルグッズが販売できる、便利な世の中になりました。

今回は、店舗のオープンに向けて準備をしている家系ラーメン店「箕輪家」さまからご依頼をいただき制作をした、オリジナルキャップについてご紹介します。

ECサイトでの、オリジナルグッズの販売をご検討されている方も多いかと思います。販売するものだからこそ、質の良い商品を作っていきたい。今回の制作事例は、そんな想いを持ったお客様からのご依頼でした。

ラーメン店のイベント用グッズやユニフォームの制作をしています

幻冬舎の編集者、箕輪厚介さんプロデュースの家系ラーメン「箕輪家」さま。Novelty Cafeでは、以前、ステッカーや屋外イベント用タペストリーの制作をさせていただきました。

オリジナル形状に切り抜いたステッカー

オリジナル形状に切り抜いたステッカーです。いかにも家系ラーメン屋さんという、熱い感じがして、かっこいいですよね!

屋外用タペストリーです。屋外用の横断幕には、ポリエステルの布をビニールで挟み込んだ「ターポリン」という素材が使われることが多いです。非常に丈夫で、屋外の使用に適しています。

しかし、丈夫でしっかりしているがゆえにお値段もなかなかしっかりしているのです。
また、厚み・重さがあり、取り付け場所を選びます(しっかり固定できる場所がないと不向き)。
こちらは日数限定のイベントということもあり、価格も抑え、取り回ししやすくするためにポリエステルの布のタペストリーを採用しました。

Novelty Cafeの過去記事もご覧ください。
イベント用のチラシや横断幕を超スピード納品! ラーメン箕輪家様

他にもキーホルダーやTシャツなど、たくさんのグッズを制作させていただいています!

細かい文字も美しく再現、刺繍名入れが映えるオリジナルキャップ

今回、箕輪家の丸山店長からご依頼をいただいたのは…オリジナルキャップです!

店舗オープンに向けての準備中ということで、主にイベントやオンラインショップでのラーメン販売をされている箕輪家さま。今回のキャップは、店長がユニフォームとして着用するだけなく、オンラインショップでのオリジナルグッズ販売用としても使いたいということで制作しました。

丸山店長は、実はラーメン屋を始めることになり坊主頭にしたそうです。坊主頭をカッコよく彩る帽子が欲しい!ということで、今回のご依頼になりました。

オリジナルキャップに欠かせないのが、ロゴやイラストなどの名入れです。

ご依頼時にいただいたキャップのデザイン画がこちらです。
めちゃくちゃかっこいいですよね!

このカッコよさをどう実際のアイテムで表現するか、まずそこから検討を始めました。

名入れの方法はいくつかありますが、キャップで一般的なのは、刺繍とプリントです。高級感を出したいのなら、断然刺繍がオススメです。(プリントの場合は、日光に当たっていくことで色が薄れてしまう場合もありますし…)

価格的にはプリントの方がお手頃なのですが、これは絶対に刺繍がカッコよくなる! と思い、お見積もりと合わせてその旨をお伝えしました。

丸山店長も賛同してくださり、刺繍での制作となりました。

箕輪家の丸山店長です。キャップには「MINOWAYA」と刺繍がされています。

刺繍の良さは、なんといっても、立体的にデザインを感じられるところではないでしょうか。プリントがあくまで平面なのに対し、質感があるのが特徴です。

キャップのような立体物への刺繍は、加工ができる場所が限られます。専用のミシンで刺繍をするのですが、針で縫える場所と考えると、どこでもできるわけではないのがご理解いただけるのではないでしょうか。

今回は正面と側面に刺繍をしました。正面は刺繍位置として一般的ですが、側面は技術的に難しく、今回もギリギリ入れることができました。

側面の刺繍はよくよくみないとわからないくらいひっそりと入っています。黒のキャップに黒の刺繍。さりげなくて、かっこよさを感じます。正面の刺繍よりも細かい文字ですが、綺麗に仕上がりました。

実は、刺繍は細かすぎると再現が難しいです。お客様からいただいたデータを工場担当に確認をし、データ調整をしながら進めていきます。実際に今回も何度か調整をしながら仕上げました。

キャップと合わせてコーディネートできる、大きめのプリントが印象的なTシャツ

オンラインショップでは、キャップの他にTシャツも販売されていました。こちらもNovelty Cafeで制作させていただきました。背面に大きくプリントが入っています。先日制作したステッカーと同じく箕輪家さんのロゴデザインがプリントされています。思わず見入ってしまう迫力です、

こちらはシルクスクリーン印刷です。1色ごとに版を作成し、そこにインクを通すことでプリントしていく方法。Novelty Cafeでは、最高の技術力を持っている印刷業者に依頼をしているので、細かいデザインの再現性と洗濯を繰り返しても印刷が薄れることがないです。印刷の美しさにも自信を持っています!

Tシャツの正面にも「箕輪家」と印刷されています。キャップと合わせて着ると、めちゃくちゃ良い…!イケメン店長の笑顔も最高ですね!

シンプルさの中に洗練されたかっこよさがある。男らしさを感じますね。(もちろん女性が着ることで、違った意味でのかっこよさが出せます)


いかがでしたでしょうか?Novelty Cafeでは、ノベルティグッズだけでなく、販売用のオリジナルグッズの制作依頼も多数いただいています。

お客様のご要望に応じて、あらゆるアイテムを制作しています。世界に一つだけのオリジナルグッズを作ってみませんか?

お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせ