こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

おしゃれさんは知っている! 今、ポーチやショッパーとして巾着が人気!

ノベルティカフェへのお問合せで、年間を通して上位に入るグッズ。
それはオリジナルポーチです!

カバンの中で充電器のコードがバラバラにならないように入れるガジェットポーチや、お化粧品のコスメポーチ。私のバッグの中にも必ず一つはポーチが入っています!

小物を入れて持ち運ぶポーチとして、最近巾着袋が人気なのを知っていますか?
私も少し前、メイクポーチを巾着袋にしたのですがとっても快適なのです…!

お化粧品で汚れてしまっても洗えますし、ポーチよりも形が自由なためカバンの中でもあまりスペースをとりません。巾着袋が選ばれる理由も分かります…!

今回は、今注目の巾着袋について詳しくご紹介します。
もちろん、ノベルティカフェでも制作することができます!

そもそも巾着袋はどんなものか

巾着袋は口の部分を、緒と呼ばれる紐などで絞めて使います。

巾着袋は元々は発火用具を入れるために使われていました。そこから、江戸時代には小銭を入れて腰から吊すようになり、人々の生活の中にあったそうです。日本古来の巾着袋は、海外の方からもお土産として人気があるそうです!

巾着袋の魅力として、1番は薄くて軽く持ち運びやすいことが挙げられます。また、チャックがついたポーチより比較的安価で制作することができます。

薄くて軽いことから、耐久性が低いのでは? という声を聞くこともあります。

巾着にはさまざまな素材の生地が使われています。主に使用されるのはポリエステルやコットン、ベロア、サテンなど。少し厚みのあるコットンやベロアを使用することで耐久性はぐんと上がります。

ラグジュアリーさにはベロア生地を、気品と主役感を出したいときにはサテンを、ナチュラルなイメージにはコットンなど、選ぶ素材によって印象はがらっと変わります。

素材別、名入れ方法のおすすめ

巾着には企業のロゴや、名前などを入れることができます。
名入れの方法は印刷や刺繍、転写などがあり、素材によっておすすめしています。

コットン生地は印刷も刺繍もできますが、特に刺繍での名入れをおすすめしています。ナチュラルなコットン生地に立体感のある刺繍を入れることにより、インパクトがでます。

一方、サテンの場合は刺繍よりも一色のシルク印刷をおすすめしています。サテンは生地が薄いため、他の生地に比べ布のハリが弱くなってしまいます。そのため、刺繍をしているうちに生地が引っ張られてしまうこともあるのです。
サテンは光沢があり発色性に優れているため、印刷をするより華やかになります。

巾着袋はショッパー袋としても大人気!

最近ではポーチとしての活用以外に、ショッパーとして巾着袋を使うお店が増えてきました。

若い女性の中には、お店の巾着ショッパーが欲しくてお買い物をするという方もいらっしゃるそうです。スキンケアブランドの「Aesop」はコットンを使用した巾着のショッパー袋を使っています。

購入したスキンケアグッズを、巾着のショッパー袋に入れて旅行の際に持ち運べるという声も聞いたことがあります。
使い捨てのレジ袋ではなく、小物を入れて繰り返し使うことのできる巾着袋は環境にも配慮されています。

ポーチをつくりたいけれど一個あたりのコストを抑えたい方、チャックのポーチではく他とは変わったポーチをつくりたい方には巾着袋がおすすめです。

巾着袋は、サイズや生地、糸などを一から選ぶ完全オリジナルで制作することが可能です。小ロットでの制作も可能ですが、一個あたりの制作費用が大きくなります。そのため、20個、50個からのある程度まとまった個数でのご注文をおすすめしております。


お問い合わせ