こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ

「オリジナルTシャツ」をつくりたい方必見!世界に一つだけのTシャツをつくるコツ

すっかり春…と言いたいところですが、日中は初夏なみの暑さが続いております。
鹿児島に住んでいるライターのゆいです。Novelty Cafeの記事制作を担当しています。

今回のテーマは、オリジナル「Tシャツ」について。
Tシャツの季節到来!まさに、これからの時期にはピッタリなテーマです。

オリジナルTシャツ、実は馴染みのある方も多いのではないでしょうか?
部活やサークル、職場でつくる機会もあるかと思います。わたしは学生時代、吹奏楽部に入部していたので、オリジナルTシャツを着ていました。

オリジナルのTシャツは、もらうだけでウキウキしますよね。チームの一員だ! という誇らしい気持ちを抱いてしまいます。

「Tシャツの素材っていろいろあるの?」
「Tシャツを何色か注文したい!追加料金は発生するの?」
「よりオリジナリティを出す方法が知りたい!」

そんな方、必見!!
今回も、Novelty Cafeの企画開発担当のみかさんといろいろなお話をしていきます。

Tシャツの素材によって、質感やオリジナリティも変わる!?

(ゆい)わたしの住んでいる鹿児島は、日中はTシャツで過ごしても良いくらい暑いです。時々農業のお手伝いをするのですが、すでに夏仕様です!

(みか)鹿児島は暑そうですよね。
ゆいちゃんは農家さんのお手伝いをしているんですよね。今の時期は、何の農家さんのお手伝いですか?

(ゆい)今の時期は、お茶ですよ〜。新茶が楽しみな季節ですね。
そうそう…! 以前、お手伝いに行っている農家さんから、オリジナルのポロシャツをいただいたことがあります。

お揃いのTシャツってチーム感が出て、良いですよね。部活でもオリジナルTシャツを着ているところが多いですもんね。
これからの時期は、オリジナルTシャツの注文も多くなるのではないですか?

(みか)そうなんです! 春から夏にかけては、Tシャツのお問い合わせが増えていきます。
Tシャツはベースのスタイルや素材、色が豊富なので、バリエーションが出しやすいんですよ。広範囲にプリントができ、オリジナリティが出しやすいことも人気の理由の一つです。

(ゆい)やはり!
わたし…あまり意識をしていなかったのですが、Tシャツも素材がいろいろとあるんですね。

(みか)
綿やポリエステル、複数の素材を組み合わせた混合素材など、さまざまありますね…!
使用するシーン毎に変えていくのも有りですよね。

(ゆい)シーン毎かぁ。確かに、農家さんからいただいたオリジナルポロシャツは、普段着るポロシャツと素材が違っていました。汗をかきやすい仕事だからこその素材を選んだということですね。

(みか)そうだと思います。スポーツのユニフォームに似たような感じだと思います。
ポリエステルは、スポーツ用のTシャツに選ばれやすい素材で、「速乾性」と「通気性」に優れています。

(ゆい)なるほど〜!
わたし達が普段着ているTシャツの素材は何が多いんですか?

(みか)綿(コットン)です。やわらかい肌触りが魅力です。 
今は、より素材にこだわった、オーガニックコットンも人気です。

ドライメッシュTシャツ、スポーツTシャツ、スウェット、ポロシャツなど素材によって、質感や仕上がりも変わってくるので、どんなシーンで使いたいのかによって考えるのがおすすめです。

Tシャツのオリジナリティを出す方法

(ゆい)ユニフォームで思い出したのですが、Novelty Cafeの過去記事でオリジナルのユニフォームをつくったと書いてありましたよね。

個人でユニフォームをつくるという発想が面白いです。

(みか)カントリーパブを経営されている方からお問い合わせいただきました。クラウドファンディングを行うにあたりお客様を仲間と捉え、カンパニーをつくりたい、という想いをお持ちでした。当初はTシャツの制作を検討していたのですが、ユニフォームを制作してはどうかと提案してみました。

(ゆい)そういうオリジナルのつくり方もあるのか〜!
赤地にゴールドのプリントがめちゃくちゃカッコよくて、チーム感も出てますもんね。

(みか)チーム感といえば…!
以前制作したのですが、ダンス教室の発表会用に制作したTシャツもカッコよくないですか?ものすごく色数のあるTシャツをセレクトし、参加者の方お一人ずつにお好きな色を選んでいただきました。

手描きイラストをプリントしたオリジナルTシャツ

(ゆい)カラフルさが目立って、ダンスっぽいですよね!
手描きのデザインも、アットホームな感じで素敵でした。
Tシャツのカラーやサイズを変えることは出来るんですか?プラス料金とか発生しそうなイメージ…。

(みか)Tシャツのカラーとサイズは何種類あっても、価格は変わらないんですよ。もちろん、印刷するデザインのサイズは同じである前提でですが。

(ゆい)そうなんですね…! 最高です!
Tシャツにプリントするインクの色を替える場合は、どうですか?

(みか)プリントのインク替えする場合は、手数料が発生します。
同じ版を使って印刷をするので、インクを替えるためには版を洗って使わなくてはいけません。その時間や手間がかかってくるので、手数料をいただいています。

(ゆい)やはり、そうですよね〜!
Tシャツのカラーを変えるだけでも、オリジナリティは出せるけれど…個人的には、あと少しオリジナリティを出したいところです。
みかさん、何か良い方法はありませんか?

(みか)あります…!!!!!
以前、弊社の運営するコミュニティ「喫茶ラブソル」で制作したTシャツは、Tシャツの土台の色を活かしたデザインでした。

Tシャツの土台の色でクリームソーダの色が変わるって、スゴくないですか?
この発想は私にもなくて、デザインされた方からこのデザインが送られてきた時に、感動したのを覚えています。

(ゆい)…!!!!!
す…スゴすぎる!!まるでインク色を替えたような仕上がりですね。色々な方法があるんですねぇ。目から鱗ですわ。

(みか)本当に! それにしても、美味しそうなクリームソーダですよね。

Tシャツは、何度も洗濯したり乾燥機にかけたりすると、印刷がとれて残念なことになりがちなのですが…。
Novelty Cafeが提携している印刷業者の技術は高いので、印刷が長持ちします。
わたしが着ているTシャツも、何度も乾燥機にかけているのにキレイなまま…!

(ゆい)印刷技術は、ノベルティには必須ですね。
確かに、洗濯を繰り返すと印刷がとれてしまうTシャツもありますもんね。人の目にとまるものだからこそ、印刷技術の高い会社に頼みたいものですね。


過去の制作事例とともに、オリジナルTシャツについてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

どんなオリジナルTシャツをつくりたいのか決まっていなくても、お客さまとの会話の中から決めていくこともできます。
素材、印刷方法、プリントする大きさや位置により、仕上がりも変わってきます。

オリジナルTシャツの制作をご検討されている方、一度ご相談ください。
世界に一つだけのTシャツをつくっていきましょう。


お問い合わせ