こだわりのノベルティ・オリジナルグッズを、小ロットから

メールでのお問い合わせ
188

お問い合わせは年中無休で対応、特急のご注文も承ります

2017年8月22日

お盆も終わり、真夏の暑さも和らいで過ごしやすい日が増えています。
今年のお盆休みは長い会社では10日のところもあったとか。
11日の山の日が出来てから長期休暇も取りやすくなっているのかもしれませんね。

 

Novelty Cafe(ノベルティカフェ)ではお問い合わせは年中無休、いつでも対応しております

実は毎年、お盆休みの近辺はお問い合わせが相次ぎます。
大手のノベルティ会社がお休みに入ってしまうため、弊社を探しだしてくださったのかなぁと思うのですが、急ぎのご注文がほとんど。

困っているお客様のため、できる限り対応させていただきたい!
ということで、お盆休みはバタバタとしておりました。

例えば・・・

□写真集の作成
Novelty Cafeの運営会社であるLA BOUSSOLE(ラブソル)では、写真集やパンフレットのレイアウト・デザイン、写真撮影、動画撮影なども行なっております。
今回の依頼は、プロカメラマンによる写真撮影とその写真を使った写真集の作成です。

7月末に撮影をし、正式に写真集の概要が決定したのが8月の頭。
そこから写真のレタッチ、紙面デザイン、印刷、袋詰めをして18日には納品!
なんだかこうやって書くと余裕ある日程に感じられますね。
しかし、途中にお盆があったので、大変でした。
デザインや袋詰めは良いですが、印刷は印刷会社にお願いします。
そのお休みに合わせないといけません。
とにかく急いで、でも喜んでいただけるようなデザインを目指して仕上げました。

□ポーチへの印刷
お盆休み直前の10日にお問い合わせをいただきました。
デニムのポーチへの印刷について。
25日までの納品をご希望されていました。

既製品への印刷になりますが、品物を手配するメーカーさんがすでにお休み。
そこは割り切って、お盆休み明けからのスケジュールを組みました。
お盆期間中にポーチの形状違いをいくつかご提案したところ、すぐにお返事いただき、データも入稿いただきました。

休み明けにポーチを手配、まさに今印刷中です!

その他にも、別のポーチ、Tシャツ、マグカップ、缶バッチ、傘などあらゆるお問い合わせをいただきました。

 

なぜ、週末もお盆も関係なく営業しているのか?

理由は二つあります。

一つは、仕事が好きで楽しいから!
ものづくりも、デザインも大好きなお仕事。
もともと化粧品メーカーで商品開発・マーケティングをしていたところからの現在の仕事。

もちろん企業でやるものづくりも楽しいですが、どうしても顧客との距離は遠くなってしまいます。
今のようにお客様と直接やりとりをしながら、ご希望の商品を作り上げていくのはとても幸せです。
無謀な納期や限られた予算の中でどうにかしてやりくりしていくのもやりがいがありますし、何と言っても良い点も悪い点もダイレクトに伝わってきます。

二つ目の理由は、自分が困った経験があったから。
会社勤めをしていた時に、趣味の世界でグッズを作っていました。
その際に、納期やロットの壁にぶち当たり大変苦労していました。
作りたい、イメージしているグッズがあるのに、その壁のせいで作れない!
作れるグッズは限られていて、なんだかどこかで見たことのあるようなものばかり。

そんな状況に嫌気がさして、どうせなら「もらって嬉しい」「使ってもらえる」グッズを作ろう!と会社をつくったのでした。

そのため、夜遅くても、休日でも、お盆やお正月でもできる限りお問い合わせには対応しています。
また、納期もできるだけご希望に沿えるようにしています。
ロットに関しては、最初ロットを設けるのをやめました。
ほとんどの商品を1個でもご注文いただけます。
もちろん、100個のご注文と1個では価格は異なりますので、そこはご了承くださいませ。

ぜひ、つくりたいと思ったときに、つくりたいものをつくりましょう!
お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

関連記事